室内の断熱材吹き付け工事。
発泡性の液体を噴霧し、膨れ上がった部分を削り落として所定の厚さの断熱層を作る。


工事風景
0605


壁面の吹き付け
0605-7


天井面
0605-6


配管・配線も固定されるので、あらかじめ施工しておく
0605-5


吹き抜け面も
0605-4


天井裏
0605-3


せり出した部分を削り取って表面を整える
0605-2



logo









木工事は外部杉板の残りと家具工事打ち合わせ。
左官工事は外部モルタル下塗り。


左官工事は外部の下塗り
0603-4

0603-6

0603-8


外壁のガルバリウム
0603-7


洗面脱衣室の勝手口庇
0603-5


室内は断熱材吹き付けの準備
0601-2


小さい隙間も気密テープで塞ぐ
0601


2階
0602-2

吹き抜けには足場
0602

勝手口
0603-2


玄関から階段方向
0603-3


屋根裏通気を兼ねる遮熱パネルーフ
0603-9


全館空調用ダクト
0603-11


居室A
0603-12


居室Aから廊下方向
0603-13


吹き抜け足場
0603-14


樹脂サッシのAPW
0603-10


現場全景
0603



logo


外壁の仕舞いが続く。
木工事は外壁・塀の杉板施工。
板金工事は外壁のガルバリウム縦ハゼ施工。
電気工事は木工事の進捗に合わせた配線工事。
塗装工事は外部木部の保護剤塗装。
本日は断熱吹き付けとセキュリティの打ち合わせも行われた。
断熱材の吹き付け時、吹き抜け部の施工が難しいとのことで、予定を早めて内部足場を設置することに決定。


杉板施工
0531-6


修正サッシの取り付け
0531-7


外壁のガルバリウム縦ハゼ施工
0531-3


0531-9


材料の確認
0531-2


材料の確認
0531


水切り施工も板金工事
0531-4


水切りの材料確認
0531-5


塗装工事は木部保護剤の塗装
0531-10


吹き付け部分はモルタル下地のフェルト・ラス
0531-8


防水下地のフェルト
0531-12


現場全景
0531-11



■工事スケジュール

6月 2日(木) 内部足場
   4日(土) 断熱材吹き付け
   7日(火) フローリング納品
   9日(木) 気密測定  
  11日(木) ユニットバス据え付け


logo



↑このページのトップヘ